花火について

花火について

・日本の花火について簡単に説明します 1. 日本の花火
  1-1. 日本の花火と特徴
  1-2. 遠州・三河の花火
・花火の製造工程をご紹介します 2. 花火のしくみと製造
2-1. 打上げ玉の構造
2-2. 打上げ筒と打上げ方法
2-3. 打上げ玉の製
2-4. 打上げ・仕掛けの準備
・本サイトの参考文献リストです 3. 参考文献
   

1. 日本の花火

1-1. 日本の花火とその特徴

花火に主に使われる黒色火薬は、遅くとも8世紀後半にはそのごく原始的なものが中国で発明され、初めは医薬品として使われていたとされています [吉田, 丁, 2006]。但し、火薬の起源については、中国唐代 (617-907) の原始黒色火薬がやがて爆薬としても使われるようになり、それがその後中世ヨーロッパに伝わり、戦争に活用されるようになったという説と、ヨーロッパの科学者達が、独自に近代火薬の原型となる黒色火薬を発明した [小勝,1999] など諸説あり、明確ではありません。

清水 [1998] によると、紀元前2世紀後半には既に中国で火薬が使われていたとあり、小勝 [1979] は、火薬の原料となる硝石の発見は漢代(B.C. 202-A.D. 225)まで遡ると主張しています。いずれにしても、中国においては唐代に火薬の合成が始まり、当時の皇帝の前で行われる式典で使用された [清水,1998] という記録が残っているようです。

爆薬であった火薬が、やがて見せ物の花火としても用いられるようになり、16世紀の初め頃、イタリア人の花火師が初めて軍用の火薬ロケットを花火に応用しました [吉田,丁,2006]。打上げ花火は、当時の支配者達の前や大きな宗教行事で、火を使った盛大な花火ショーを披露する事で、近世ヨーロッパ各地に広まったものと考えられています。

一方、日本の花火製造の歴史はそれよりもずっと遅れ、江戸時代初期に幕を開けます [吉田, 丁, 2006, 清水, 1998]。安土・桃山時代の16世紀半ばにポルトガル人によって日本に鉄砲が伝わってから、肥前 (有馬)、大隅 (種子島)、和泉 (桜町)、近江国 (甲賀)などで盛んに鉄砲が製造されました [伊沢, 1982]。17世紀初めには、駿府に明国 (中国) の商人とイギリス国王の使者が訪れたとき、徳川家康の前で噴出する花火が披露されました [清水,1998, 小勝,1979]。その後南蛮貿易が全盛になると、やがて日本でも、自分たちで花火を製造するようになりました [吉田, 丁, 2006, 小勝,1979]。

この様に、花火の原料である黒色火薬の原型は、古代に隣国の中国で生まれていながら、日本に火薬が伝わったのはそれから800年以上経ってからで、遠くヨーロッパからもたらされたというのは興味深い歴史です。

日本では、200年以上続いた江戸時代という平和な世の中で、打上げ玉の製造技術が成熟していきました。当初の打上げ花火は黒色火薬を用いた、暗い、色も目立たないものでしたが、19世紀後半に、マッチとともに酸化剤として塩素酸カリウムが輸入・使用され始め、いま見られる様な明るい、鮮やかな色彩の花火が作られるようになりました [吉田, 丁, 2006, 清水,1998]。(安全上の理由から、現代では塩素酸カリウムの代わりに過塩素酸カリウムを用います。)

日本の打ち上げ花火の特徴としてよくあげられるのは、八重芯菊型花火といった、割物花火の完成度の高さです [西川,1991]。この花火は1920年代に長野県の青木儀作氏によって現在の形が出来上がり、日本の花火の評価を高めるきっかけとなりました [吉田,丁,2006, 武藤,1994]。花火玉形状に関していえば、ヨーロッパやアメリカで主に用いられるのは筒 (シリンダー) 型花火であるのに対して、日本で主流なのは球形花火である [武藤,1994] ということがよく言われています。しかし最近では、日本でこれまで作られてきた手法で球形に成形する花火が世界的に作られ、打上げられています。

また、近年の花火の発展のうえで欠かせないのが、ミュージックスターマインの導入です。コンピューター制御によるミュージックスターマインは、音と花火をシンクロして打上げるもので、打ち上げ花火の演出効果を高め、より印象的な見せ方を可能にします。世界中の花火打上げ従事者達が、何らかの形でこの技術を導入しています。ミュージックスターマインは1990年代頃から日本でも全国で導入が始まり、花火屋の、これまで積み上げてきた製造技術と、各自の芸術的表現力を駆使した花火ショーとして盛んに披露されています。

近年は世界中で花火が打上げられ、オリンピックを始め大きな式典であげられる花火や花火競技会では、ほとんどこのミュージックスターマインが打上げられています。そしてスタジアムなどの巨大建築物に仕掛けられた大規模な花火ショー、大空をキャンバスとした雄大な火のミュージカルの様子は、今やインターネット、テレビなどを通じて簡単にその映像が鑑賞できるようになりました。このように、国による花火の技術や打上げ方法の差は、次第に縮まりつつあります。

しかし、いかにミュージックスターマインが隆盛になっても、日本の花火大会では、尺玉や8号玉などの大きな割物花火が特に好まれます。お祝い花火や花火の品評会も催され、1つ1つの打上げ花火の美しさ、完成度を評価して楽しむ文化が残っています。また、四季の変化に富んだ日本では、川辺や海岸で打上げられる花火大会は、夏の風物詩として欠かせない行事のひとつとなっています。

このように、日本の花火大会においては、ミュージックスターマインのようにダイナミックな花火ショーと、繊細な割物花火の技をどちらも楽しむことができる、多彩な催しとなっています。

1-2. 遠州・三河の花火

三河地方は江戸時代、徳川幕府によって唯一火薬の製造・貯蔵を公式に許可されていた土地です。その名残か、現在でも三河・遠州地方周辺は全国的にみて煙火の製造業や、花火大会などにおける打上げ行事が盛んです。

江戸幕府開府の祖である徳川家康が天下統一を果たしたとき、反乱を恐れた家康は火薬の製造・貯蔵や、原料となる硝石の保有を彼の故郷である三河のみに限らせました[伊沢, 1982, 江口, 1982]。戦乱の時代が終わり江戸幕府が開府した後も、家康は各藩に対して火薬の製造を厳しく取り締まったのです。そして三河武士のみの間で内密に伝えられた火薬の取り扱い方法 (火術)は、やがて庶民の間で火薬の危険性を恐れる神への信仰心と結びついて、祭礼用の献上花火が奉納される様になったと考えられています [伊沢, 1982]。

江戸時代以前にも、1560年の織田信長と今川義元による桶狭間の戦いの時には既に、祭礼で花火を奉納したという記録が残っています [伊沢, 1982:8]。

更に、三河は江戸、京都、鎌倉の中間地点にあり、東西日本の連絡街道である東海道が通っていました。そこで、政府はこの地を積極的に神社仏閣の所領と(天領化)したとされます。そして、三河の神社は古くから、そこを通る武士達の、先勝祈願の信仰や戦死者の弔いの場となりました。この事は、三河地方において奉納花火の機会を更に増やしたと考えられます[伊沢,1982]。

このような三河の歴史的・地理的特徴は、現代の花火作りにも影響を与えています。三遠煙火の社名の由来でもある三河・遠州地方における花火の最も大きな特徴は、地元住民が花火の観客であるというだけでなく、自らも積極的にその打上げに関わってきたという事ではないでしょうか。

例えば遠州・東三河地方には、お祭りの際に手筒花火を奉納する神事が多く残っています。手筒花火とは、竹筒の中に火薬を詰め、その筒から火花が吹き出す手持ち花火の事です。もともとは火薬製造の安全を祈願する為のもので、地元の神社に奉納されるものでした。現代では、多くの地元保存会などの有志団体によって、手筒花火の込め方、打上げ方法などが保存・継承され、地域の文化の一つになっています。

手筒花火を制作する際には、近隣の煙火工場内で、花火屋が配合した火薬を自作の竹筒に充填します。三遠煙火でも、火薬の提供などにおいて手筒花火制作のお手伝いをさせていただいております。

遠州新居の
手筒花火
湖西市のお祭りにて、
手筒花火の放揚

三河地方で最も大きな花火大会のひとつに、400年以上続いているとされる三河吉田 (現:豊橋) の豊橋祇園祭があります。これは吉田神社への奉納花火だったものから発達した伝統行事です。境内で余興として打上げていた花火を豊川の河川敷でも行う様になりました。今でも開催日には、豊川に浮かべた筏の上で、多数の町の保存会会員が、自らこめた手筒花火を放揚 (ほうよう:手筒花火をあげる事) する様子が何度も見られます。

このように、国や県などの自治体のみではなく、住民が主体となって花火の伝統を守り、受け継ぐという文化が地元に根付いている事は、遠州・三河地方における花火作りに大きく影響しています。

Last updated at: 7-sep-18